忍者ブログ

気にする

墨の下に入り色紙。不安。気にする
「念。すみません。
夜が重い。思いが軽い。少しだけそっと。あふれ始め。数え切れない期待をなくした。光陰。盗まれた昨日の幸せ。今、私はとても苦しくて。
文:道を探して:
暗い夜の窓を通して。空を見上げた星。何も昔の感動とともに星が流れ。おそらく私執着の考え方。あなたにとっては負担。
何度も、止まらない演説と引き換えに点を認められ、目を交換してあなたの。
愛と重い拾昔の笑顔が映った。私達はいっしょ踏歌行。温かい記憶の中に殘って。あれは私たちのお互いに最も真実な感動を与える。
私は知っていてあなたのしようがなさが分からない、君の心を悩ます。すみません。多分私はあまり頑固。過分の望みがすべてのすばらしい続き。忘れていたあなたに対しては一種の苦難。
私はあなたの文字を知らない、私の気持ちもわからないあなた。またたくないだけに、無視したり麻痺。すみません、私はこのように感じ、理解する。
「たい。感傷」
遠く離れた気持ちが懐かしんで、一人の時はいつも期待はがっかり。孤独は、あっという間に。風は夜流浪させる。今分かって1種の感じがあって、なじみのない感じの人知れぬ苦痛。記憶につれて時間切れて、私の気持ちはどこですかあなたの微笑みはどこですか私の想像は静かに過ごしてこの夜に
「逝。寂しさを」
花咲く花散る、月日は流れ。瀋黙の空気が、少し優しい想像。渡る風で、持ってあなたは昨日の微笑。指の間のため息を貫いてあなたの眉じり。滯在錯乱の迷い。熱い情熱を隠したシーズンの美しい。私たちは痛みを強く成長。
久しぶりに堅持して、自分を放棄するかどうか質問。もうこれ以上の捨てないは、偽りになる?歳月の浸食風雨に耐えられないとなって、少しの隙もないが殘してくれた。
PR

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R